APS-3 用 バリアブルリアサイト Ver3 (Wing高 15mm)

by しおじゃけ

4,860円~

[サイズ] X:72.573mm × Y:71.441mm × Z:16.987mm

価格:-

造形物の注文に関して:

エクスプレスサービスがご利用可能な素材
石膏フルカラー / アクリル(Ultra Mode) ナチュラル / アクリル(Ultra Mode) レッド / アクリル(Ultra Mode) ピンク / アクリル(Ultra Mode) ブルー / アクリル(Ultra Mode) パープル / アクリル(Ultra Mode) ブラック / アクリル(Xtreme Mode) ナチュラル / アクリル(Ultra Mode) オレンジ / アクリル(Ultra Mode) イエロー / アクリル(Ultra Mode) グリーン / ABSライク / 家モデル 1 / 50 / 家モデル 1 / 100 / 家モデル 1 / 150 / 家モデル 1 / 200 / ポリカーボネート(PC) / PC-ABS / ゴムライク(FLX9995) / クリアアクリル / ゴムライク(FLX9985) / ゴムライク(FLX9970) / ゴムライク(FLX9960) / ゴムライク(FLX9950) / ゴムライク(FLX9940) / ゴムライク(Tango+) / ゴムライク(RGD8630) / 帳票発行手数料 / 石膏フルカラー【ワコムクーポン割引】 / アクリル(Ultra Mode)【ワコムクーポン割引】
※1つのファイルに2個以上モデルが保存されている場合、造形をお断り(キャンセル)させて頂く場合があります。ご了承ください。

お気に入りに追加

0

APS-3 用 バリアブルリアサイト Ver3 (Wing高 15mm)

前へ 次へ

APS-3用のバリアブルリアサイトです。(写真は前Ver2のアクリルです)
完成させるためには、特殊ねじロッド、2mmボール、3x3イモネジと、加工ができる道具が必要です。(電気ドリルとか、リューターとか、調整ノブの加工に3mmタップ、ねじロッドの加工に3mm逆ダイスとか)
1.4枚目の画像の上側のねじロッドを用意する。
2.ねじロッドに右ねじ側に左ウィング、左ねじ側に右ウィングを取り付ける
3.ねじ方向切り替わり部分で、両ウィングが最接近するように調整する。
4.ねじロッドに3mmのワッシャ、Eリングをはめる。
5.ねじロッド、ウィングをアッパーカバーにはめる。
6.この時、ねじロッド右ねじ部分を必要があれば、切断する。
7.調整ノブに3mmタップでねじを設定する。
8.調整ノブに3mm芋ねじを外側からねじを回せるように入れる。
9.アッパーカバーの穴に2mmのスチールボールをはめる。
10.ねじロッドをラジオペンチ等で固定しながら、調整ノブをしめる。
11.程よくクリック感が出るまで、締め付け具合を調整する。
12.調整が完了したところで、芋ねじを締める。ただし、メス側がプラスチックなので、締め付けトルクに注意。
13.アンダーカバーをはめて、ねじで止める。ねじは、2x4黒のキャップビスを推奨。
14.ハイドウォールを2x4の黒キャップビスで固定する

すべてのねじ止めは、締め付けすぎると破損します。

造形は、Ultraモードのアクリルのみで実施しています(写真のものがそうです)。
金属系の材料での造形は、未実施なので、結果の保証はできません。
ただしアクリルは外力に弱いみたいです。


5枚目に、APS-3に取り付けた場合の写真を載せます。もちろんこのAPS-3は売り物ではありません。(前バージョン)

ちゃんと作るとクリック回転時のクリック感が得ることが可能です。

3Dスキャナー Sense センス