3Dデータは、誰でもつくれる。

3Dプリントというと、まだまだ難しいイメージがあったり 一部の仕事としてものづくりに携わる人々だけのためのツールというイメージはありませんか? 実はそんなことはありません。 無料で使える高機能なアプリケーションや、一般ユーザーにも普及しているAdobe Photoshopなどのツールで、3Dデータをつくることが出来ます。

新しい“ものづくりの世界”を体験してください。

ここでは各アプリケーションの使い方を、わかりやすい動画でご紹介します。 今まで使ったことの無い方でも理解出来る内容となってますので、これをきっかけに3Dプリントの先に広がる、新たな“ものづくりの世界”を体験していただければと思います。

2D→3D コース

Adobe Photoshop CC からボタンひとつで
DMM.make 3Dプリントにご注文可能に!

Photoshop CCでつくる、
カンタン手軽なDMM.make 3Dプリント

皆さんがいつもお使いのAdobe Photoshop CCだけでカンタンに3Dモデルをつくったり、ペイントなどの編集を行うことができます。Photoshop CCとDMM.makeの3Dプリントサービスをつかって、3Dプリントができるまでを4つのムービーに分けて、実際の手順を追って分かりやすく説明していきます。

Chapter : 1
「Adobe Photoshop CCでつくるカンタン手軽なDMM.make 3Dプリント」
Chapter : 2
「Adobe Photoshop CCでカンタン3Dモデリング」
Chapter : 3
「Adobe Photoshop CCでカンタン3Dペイント」
Chapter : 4
「DMM.make 3Dプリントサービスからカンタン3Dプリントオーダー」

3D CAD コース

格好いいアイテムをつくるな3D CADコース

無償で3Dモデリングを楽しもう!

とかく難しいという印象の強い3D CADによるモデリングですが、AUTODESK123D Designは無償のCADながら、わかりやすさと決して侮れない機能を備えた優れもの。今すぐ、あなたも自分が欲しいものを作りましょう!

AUTODESK123D Design レッスン動画へ

本格的なモノづくりも夢ではない!

3Dに慣れてきたら、もっと本格的に3Dモデリングを楽しみたい!という欲が湧いてくるはず。そんなあなたには、プロも使っているRhinocerosを。より自由な造形と本格的なモノづくりへの第一歩を踏みだそう!

Rhinoceros レッスン動画へ

3D CG コース

有機的な形状をたのしむ!

Shade 3Dで直感的にモデリング!

Shade 3Dなら、動物やキャラクターなどの柔らかい形状を直感的に粘土細工のように作っていくことができます。更に最新のShade 3Dでは、3Dプリンターへの出力もサポートしているので、Shade 3Dの画面から出ることなくSTLファイルの準備から確認までが可能です。ステップバイステップの11の動画でわかりやすくご説明します。

Shade3D レッスン動画へ

Metasequoia4で今日から気軽に3Dモデリング!

Metasequoia4では、ポリゴンとよばれる四角形や三角形のパッチで3Dの形状を作っていきますが、今回はポリゴンで大まかな形を作り、そこからサブディビジョンと呼ばれる機能を使ってやわらかな形状にしたてていきます。作った形状はもちろん3Dプリンターでも出力可能ですので、この一連の流れを10のステップでご説明します。

Metasequoia4 レッスン動画へ

3Dデータの不備を修正!

修正をマスターして確実に3Dプリント!

3Dプリンターによるモノづくりは、モデリングをして終わりではありません。STLの修正ツールを使いこなせば、良い品質のデータを作ることを通して、もっと効率よく、思い通りの3Dプリンティングを実現することができます。

3Dスキャナー Sense センス