ガラス

3Dプリントしたモデルを鋳型にして、ガラスを鋳造します。(ロストワックス法)通常のガラスを同じ材料となるため、食器として使用することも可能です。

得意なジャンル 雑貨
カラー 透明、半透明、カラー
価格帯目安 高い
質感 なめらか
中空構造 不可。中空構造のモデルは製造不可とさせて頂きます。
造形可能な最大サイズ 縦100mm×横150mm×奥行150mm
発送目安 21~28日

【再現性】

  • 形状先端は最小幅で4mm程度まで再現可能です。そのため最小肉厚は4mmとなります。
  • 粘性がとても高いため、鋳造時にエッジが丸くなってしまいます。
  • 彫りは1mm以上の深さが必要です。
    ※形状により再現が難しい場合がございます。

【カラー】

  • 透明、半透明、カラー
    ※カラーをご希望の場合はお問い合わせください
  • 後加工バリエーション
    ①ブラスト
    ②酸磨き

【その他詳細情報】

    • この素材はお問い合わせ素材になります。詳しくはデータチェック完了後に送信されるメールをご確認ください。
    • 脆い素材のため、細長い形状や薄い形状などは、造形不可となります。
    • 細長い形状は5mm厚を1cmまでは対応可としております。
    • 鋳造の際は、湯口を大きめにつける必要がございます。
    • 全面に模様等デザインがあるモデルについては、湯口部分の再現ができませんので、その旨ご了承ください。
    • 本素材の詳細はこちらをご確認ください。
      モノづくりログ https://media.dmm-make.com/maker/3821/
    • 価格は以下の材料費+空間費+諸経費でお求め頂けます。(税抜き価格です。小数点は切り上げて表記しております。)
      ※正確な価格につきましてはモデルデータをアップロードしたお見積り価格をご確認ください。
      ・材料費 :0(モデルの1㎤にかかる価格となります。)
      ・空間費 :150(モデルの最外形寸法(㎤)から求められる容積にかかる価格となります。)
      ・諸経費 :21150(モデル1ファイルあたりにかかる初期費用になります。)
      ・シェル数:1(モデル1ファイル内の最大パーツ数です。)

【デザインガイドライン】

  • 素材の制作上の注意点をご確認ください。
  • 最大及び最小造形可能サイズ、 最小肉厚や各パーツに必要なクリアランスなど、ご注意いただきたいポイントを解説しております。

お問い合わせ

サービスについての疑問・ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。
よくあるご質問と回答はまとめて掲載しております。お問い合わせ前に一度ご確認ください。

3Dプリンター法人レンタル