500系ハイゼット ラジオ下 ゴリラ立て(ACC電源連動)

by sanli

[サイズ] X:99.494mm × Y:98.13mm × Z:60.007mm

造形販売

7,224円~

数量:

価格:

-

データダウンロードFREE

データ名:

Gprilla_HIJET-c3.stl

お気に入りに追加

0

500系ハイゼット ラジオ下 ゴリラ立て(ACC電源連動)

前へ 次へ

旧型S500系ハイゼット ラジオ下 ゴリラ立て(ACC電源連動)
*「車動作モード」設定パーツ付き
Gprilla_HIJET-c3.stl

ゴリラは付属のスタンドを使わないと「車動作モード}になりません。(ACC連動OFFになりません)
(スイッチを押し込むための)スタンドモドキ?を追加しました。

(車内用)両面テープは、厚さ1.0~1.2mmの物を使用してください。
(ポリメーカー)ABSで出力して数週間使いましたが、良い感じです。
ラジオのジャマにならないように低く設置したら、設置作業の難易度がアップしました。(→動画をご覧下さい)
両面テープの剥離紙を付けた状態で練習をして、作業のイメージをつかんでください。
写真のように左寄せ設置すれば、「ハイゼット ラジオ下 カップホルダー」と並べて設置できました。(居場所がなくなったスマホの休憩所として利用中)
さらに100x100x100mmのサイズに収めるのが大変でした。(画像参照)

お薦め素材は、いつも通りナイロン系統です。
強度があって低コスト「PA12GB グラファイト磨き(MJF)」がイチオシ!です。
*通常のナイロンより強度がある感じです。
ABSと思ったのですが、ナチュラル(乳白色)はイマイチですね。
写真はABS(ポリメーカー)を使って、zortraxM200で出力したものです。

ゴリラ立て(ハイゼット用)設置動画です。 両面テープの使い方は要チェック!。 zortraxM200(ABS)出力→サポート除去→両面テープ貼り→設置です。 低くマウントするために設置作業の難易度が高くなりました。がんばってください。 両面テープの剥離紙を付けた状態で練習をして、作業のイメージをつかんでください。 (車内用)両面テープの厚さは、1.0~1.2mmを想定した寸法です。 *この後、「車動作」モードにするための「マウントモドキ」を追加しました。[動画2⇩]

ゴリラは付属の車載用ブラケットを検知して、エンジン(ACC電源)連動OFF(車動作)になります。 https://car.jpn.faq.panasonic.com/faq/show/228?category_id=665&site_domain=default 「車動作」「家庭動作」の認識はスタンドにて行っています。 という事でエンジン(ACC)連動で電源OFFするには、車載用ブラケットの代替品を差し込む必要があります。 *無くても5分程度でバッテリーが無くなり電源OFFになります。

DMM.make クリエイターズマーケット 誰でも、出品・販