micro:bit(マイクロビット)用一体型単4電池ボックス(新モデル)

by sig:labo

[サイズ] X:52mm × Y:42mm × Z:19.7mm

造形販売

1,700円~

数量:

価格:

1,700

クレジットカード決済なら17pt獲得

バスケットに入れる

お気に入りに追加

0

micro:bit(マイクロビット)用一体型単4電池ボックス(新モデル)

前へ 次へ

micro:bit(マイクロビット)と単4電池2本(AAAx2)を一体化できる電池ケースです。ホームセンターで購入できる20mmのなべ小ネジと0.9mmの銅線を使って、自分で電源ボックスを作る電子工作が楽しめます。ラジオペンチでウズマキ状に丸めた銅線となべ小ネジを使って配線するため、ハンダゴテを使わず組み立てる事ができます。

【特徴】
・3VとGND端子から給電することで配線をコンパクトにし、手軽に傾きやシェイクを使ったプログラムが楽しむことができます。
・GND側の銅線がケース内部で独立して配線されることで、電池ボックス内でのショートを防いでいます。
・ボックス裏面の中央に他機材に固定するための補助穴があり、木板やバンドなどへの取り付ける電子工作に利用できます。
・固定用ナットにブレッドボードピン等を配線をする事で、各端子にセンサーやスイッチなどに接続する事ができます。

【別途用意する物】
・micro:bit本体(V1・V2):1台
・M3×20mmネジ&M3ナット:3〜5セット
・0.9㎜銅線:20㎝ほど
・単4電池:2本

【おすすめ】
・ダイオード:3V側の配線に使用するとUSB接続時に電池への逆流防止対策になります。
・ストラップ:携帯時の落下防止になります。

【工具】
・ドライバー
・ラジオペンチ

【注意事項】
マイクロビットの安全動作、センサー類の安定動作を保証するものではありません。
電池とUSB端子による給電の併用は、USBケーブルから電池への逆流の恐れがあるため行わないで下さい。
(USBを使ったプログラム登録を行う際は、電池ボックスから取り外して行って下さい。)
ショートなどによる電池やマイクロビットの発熱には十分注意してご利用ください。
構造を理解した上で電子工作の補助素材としてご利用下さい。
形状の無駄複製、構造の流用はご遠慮ください。

【ご質問・最新情報】
https://twitter.com/labosig

【3Dモデル確認(sketchfab)】
https://skfb.ly/ozy9W

M3×20mmのなべ小ネジと0.9mm銅線を使って、ハンダを使わない電池ボックスの仕組みと組み立て方を解説しています。 銅線をラジオペンチで加工して接点を作る工程は、電池の実験や自由研究工作として取り組めます。

DMM.makeの3Dプリント商品の購入手順を解説しています。 会員登録の手順、コンビニで購入できるプリペイドカードを使った支払い方法、実際に納品されるまでの流れを紹介します。注文後に商品が製作されるため在庫切れはありませんが、出力と発送までに時間がかかるため早めの注文をお勧めします。 PayPayなどのオンラインマネーにも対応してお求めやすくなりました。 (動画内での価格は素材価格変動前の旧価格になります)

マイクロビットの無線通信機能を使ってビーコンを作る「宝探しプログラム」の遊び方を紹介します。電池ボックスを使ってコンパクトに動作するマイクロビットをご覧下さい。マイクロビットと電池ボックスを一体化させることで携帯性があがり、レクリエーションやイベントなどに利用する機会が広がります。

DMM.make クリエイターズマーケット 誰でも、出品・販