24011 安濃鉄道・丸山型単端式ガソリンカータイプ

by ウサギミック

[サイズ] X:65.087mm × Y:35.624mm × Z:38.01mm

造形販売

9,900円~

種類:

即納サービスに関する注意事項

  • 注文時は必ず即納サービス対象の素材のみで注文をお願いします。
  • 通常納期素材と即納サービス素材を混同しての注文はキャンセルとさせていただきます。
  • 受付対象曜日及び時刻:毎週月・火・水・木曜日の15時までの注文については、当日を注文日とします。
  • 3Dデータが造形可能なデータであることが受付条件となります。
  • 月〜水曜日15時以降の注文については、翌日を注文日とします。
  • 木曜日15時以降の注文は、翌週月曜日を注文日とします。
  • 造形不良が発生した場合、即納できない可能性があります。その際は、当社よりご連絡させていただきます。
  • なにかご不明な点や質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

数量:

価格:

9,900

バスケットに入れる

お気に入りに追加

1

24011 安濃鉄道・丸山型単端式ガソリンカータイプ

前へ 次へ

大正から昭和にかけて三重県にあった”安濃(あのう)鉄道”の丸山車輌製単端式ガソリンカーで珍しくほぼほぼですが1/80のスケール通りかな?単端式のディーゼルカーは乗ったことはありませんが今のコミュニティバスみたいな感じでしょうか?終点ではターンテーブルで方向転換していました。元々のボデーカラーは葡萄色?のようですが折角ですので上下を分割して塗り分けしやすくして見ましたので組立見本のように色々楽しんで見てください。ヘッドライトも向かって正面の左下にある写真がありますがオデコなどでも良いかもしれません。
別途にご用意戴く主なものは、KATO 11-108チビ電用動力ユニットです。
組み立てはプラモデル感覚で塗装は水性のアクリルガッシュ(画材店などで入手可能)がお薦めです。
樹脂は”PA11 ナチュラル(MJF)”という樹脂でアクリルよりは再現性の精細さには欠けますが取り扱いの際の堅牢さに勝ります。
写真ではざらつきが気になるかと思いますが、手に取ってみるとそれほど気にならないとは思っています。
なお、写真の見本は下塗りなしで水性塗料を数回筆塗りし、積層痕の処理は未処理の状態です。
モデルはサイズはほぼ1/80・9ミリゲージのデフォルメモデルです。
また、窓ガラス用に透明の樹脂、UVレジン等好みでご用意ください。
*組立説明書は以下をご覧下さい。なお、組立説明書は商品に添付されません。以下よりプリントアウトをお願い致します。
https://mameusagi.blog.ss-blog.jp/2024-05-28