YOSHIRO DESIGN
YOSHIRO DESIGN

YOSHIRO DESIGN

Created by ヨシローデザイン

ハコスカ乗りの自分がほしいもの、作ってます。

21点中

1-21点表示

表示数:

GC10 スカイライン後期用 カスタムコンソールエンブレム 3200GT

by ヨシローデザイン

ハコスカ・後期のセンターコンソールに取り付けるカスタムエンブレムをモデリングしました。排気量アップやエンジン換装した際にお使いください。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンは純正より短くなっています。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。ハコスカ乗りのDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン前期用 ライトスイッチノブ・レプリカ

by ヨシローデザイン

現在メーカー製廃になっているハコスカ前期用のライトスイッチのツマミ部分を採寸し、3Dプリント可能な形状にモデリングしなおしました。ノブが破損して金属部分がむきだしになってしまっているなど、補修にお困りの方ぜひご利用ください。 ご注意 ・3Dプリントの性質上、止めねじのM4タップは未加工で下穴のみの状態です。ご購入者様のほうでタップ加工をお願いいたします。当時のマイナス溝が切ってある止めねじを利用する場合は旧JIS規格のM4×ピッチ0.75、現在ホームセンターなどで入手しやすい現行JIS規格の止めねじを利用する場合はM4×ピッチ0.7で加工してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・スイッチの金属軸が入る四角穴は、純正よりしっかり入るようにややきつく設定しています。スイッチの軸が腐食などで太っている場合は、適宜調整してください。また、加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル…最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。積層痕を削り、塗装、仕上げ磨きをすることで純正のような状態にすることが可能です。費用面とハコスカ乗りのDIYスキルを加味すればもっともおすすめできる材質です。 ・ナイロン各色(磨き)…磨きとはいえやはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ほかのスイッチノブとセットで交換すると統一感があり、ドレスアップ派の方におすすめです。質感のイメージは、ワイパースイッチノブの商品ページを参考にしてください。 (ワイパースイッチノブ商品ページ https://make.dmm.com/item/726030/) ・その他の材質について…どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン後期用 カスタムコンソールエンブレム 2100GT

by ヨシローデザイン

ハコスカ・後期のセンターコンソールに取り付けるカスタムエンブレムをモデリングしました。排気量アップやエンジン換装した際にお使いください。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンは純正より短くなっています。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。ハコスカ乗りのDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン後期用 カスタムコンソールエンブレム 2200GT

by ヨシローデザイン

ハコスカ・後期のセンターコンソールに取り付けるカスタムエンブレムをモデリングしました。排気量アップやエンジン換装した際にお使いください。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンは純正より短くなっています。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。ハコスカ乗りのDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン後期用 カスタムコンソールエンブレム 2300GT

by ヨシローデザイン

ハコスカ・後期のセンターコンソールに取り付けるカスタムエンブレムをモデリングしました。排気量アップやエンジン換装した際にお使いください。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンは純正より短くなっています。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。ハコスカ乗りのDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン後期用 カスタムコンソールエンブレム 2400GT

by ヨシローデザイン

ハコスカ・後期のセンターコンソールに取り付けるカスタムエンブレムをモデリングしました。排気量アップやエンジン換装した際にお使いください。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンは純正より短くなっています。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。ハコスカ乗りのDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン後期用 カスタムコンソールエンブレム 2500GT

by ヨシローデザイン

ハコスカ・後期のセンターコンソールに取り付けるカスタムエンブレムをモデリングしました。排気量アップやエンジン換装した際にお使いください。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンは純正より短くなっています。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。ハコスカ乗りのDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン後期用 カスタムコンソールエンブレム 2600GT

by ヨシローデザイン

ハコスカ・後期のセンターコンソールに取り付けるカスタムエンブレムをモデリングしました。排気量アップやエンジン換装した際にお使いください。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンは純正より短くなっています。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。ハコスカ乗りのDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン後期用 カスタムコンソールエンブレム 2700GT

by ヨシローデザイン

ハコスカ・後期のセンターコンソールに取り付けるカスタムエンブレムをモデリングしました。排気量アップやエンジン換装した際にお使いください。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンは純正より短くなっています。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。ハコスカ乗りのDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン後期用 カスタムコンソールエンブレム 2800GT

by ヨシローデザイン

ハコスカ・後期のセンターコンソールに取り付けるカスタムエンブレムをモデリングしました。排気量アップやエンジン換装した際にお使いください。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンは純正より短くなっています。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。ハコスカ乗りのDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン後期用 カスタムコンソールエンブレム 2900GT

by ヨシローデザイン

ハコスカ・後期のセンターコンソールに取り付けるカスタムエンブレムをモデリングしました。排気量アップやエンジン換装した際にお使いください。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンは純正より短くなっています。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。ハコスカ乗りのDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン後期用 カスタムコンソールエンブレム 3000GT

by ヨシローデザイン

ハコスカ・後期のセンターコンソールに取り付けるカスタムエンブレムをモデリングしました。排気量アップやエンジン換装した際にお使いください。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンは純正より短くなっています。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。ハコスカ乗りのDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン後期用 カスタムコンソールエンブレム 3100GT

by ヨシローデザイン

ハコスカ・後期のセンターコンソールに取り付けるカスタムエンブレムをモデリングしました。排気量アップやエンジン換装した際にお使いください。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンは純正より短くなっています。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。ハコスカ乗りのDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン後期用 カスタムコンソールエンブレム 3300GT

by ヨシローデザイン

ハコスカ・後期のセンターコンソールに取り付けるカスタムエンブレムをモデリングしました。排気量アップやエンジン換装した際にお使いください。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンは純正より短くなっています。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。ハコスカ乗りのDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン後期用 カスタムコンソールエンブレム 3400GT

by ヨシローデザイン

ハコスカ・後期のセンターコンソールに取り付けるカスタムエンブレムをモデリングしました。排気量アップやエンジン換装した際にお使いください。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンは純正より短くなっています。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。ハコスカ乗りのDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

カスタムエンブレム 660GT

by ヨシローデザイン

軽自動車用のカスタムエンブレムです。ドレスアップなどにどうぞ。 ご注意 ・価格を抑えるため、位置決めピンはありません。両面テープなどで固定してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル 最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。塗装して仕上げたい場合などのベースに最適です。 ・ナイロン各色 やはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・チタン 画像3枚目以降のような質感で製作できます。表面は鋳肌のような質感の仕上がりです。チタンなので、バーナーなどで加熱すると独特の焼け色が付けられるのでドレスアップ派の方にもおすすめです。3Dプリントの性質上、若干ソリが発生していることがありますが、その際は傷付けないように注意してバイスなどに挟んで修正してください。このエンブレムを付けたいと思うほどのガッツみなぎる人のDIYスキルを加味すれば全く問題ない範囲かと思います。金属製の重量感、質感、費用面でもっともおすすめできる材質です。 ・その他の材質について どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン用 ワイパースイッチノブ・レプリカ

by ヨシローデザイン

現在メーカー製廃になっているハコスカのワイパースイッチのツマミ部分を採寸し、3Dプリント可能な形状にモデリングしなおしました。ノブが破損して金属部分がむきだしになってしまっているなど、補修にお困りの方ぜひご利用ください。 ご注意 ・3Dプリントの性質上、止めねじのM4タップは未加工で下穴のみの状態です。ご購入者様のほうでタップ加工をお願いいたします。当時のマイナス溝が切ってある止めねじを利用する場合は旧JIS規格のM4×ピッチ0.75、現在ホームセンターなどで入手しやすい現行JIS規格の止めねじを利用する場合はM4×ピッチ0.7で加工してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・スイッチの金属軸が入る四角穴は、純正よりしっかり入るようにややきつく設定しています。スイッチの軸が腐食などで太っている場合は、適宜調整してください。また、加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル…最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります(サンプル写真4、5枚目)。純正のようななめらかな表面にする場合は、積層痕を削り、塗装、仕上げ磨きをすることでサンプル写真1、2枚目のような状態にすることが可能です。費用面とハコスカ乗りのDIYスキルを加味すればもっともおすすめできる材質です。 ・ナイロン各色(磨き)…磨きとはいえやはり積層痕があり、サンプル写真3枚目のようなつや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ほかのスイッチノブとセットで交換すると統一感があり、ドレスアップ派の方におすすめです。 ・その他の材質について…どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン後期用 ライトスイッチノブ・レプリカ

by ヨシローデザイン

現在メーカー製廃になっているハコスカの後期用ライトスイッチノブを採寸し、3Dプリント可能な形状にモデリングしなおしました。補修にお困りの方ぜひご利用ください。 ご注意 ・純正ノブは鉄芯が入っていますが、レプリカノブはすべて樹脂製です。純正品とは固定方法が違いますのでご注意ください。詳しい構造の違いは画像4枚目を参考にしてください。 ・3Dプリントの性質上、止めねじのM3タップは未加工で下穴のみの状態です。ご購入者様のほうでタップ加工をお願いいたします。止めねじは超低頭M3×長さ6ミリを別途ご用意ください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・3Dプリントの加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル…最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。純正のようななめらかな表面にする場合は、積層痕を削り、塗装、仕上げ磨きをすることでサンプル写真5枚目のような状態にすることが可能です。費用面とハコスカ乗りのDIYスキルを加味すればもっともおすすめできる材質です。 ・ナイロン各色(磨き)…磨きとはいえやはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ドレスアップ派の方におすすめです。質感のイメージはワイパースイッチノブの商品ページを参考にしてください。 ・その他の材質について…どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン用 ウォッシャースイッチノブ・レプリカ

by ヨシローデザイン

現在メーカー製廃になっているハコスカのウォッシャースイッチのツマミ部分を採寸し、3Dプリント可能な形状にモデリングしなおしました。ノブが破損して金属部分がむきだしになってしまっているなど、補修にお困りの方ぜひご利用ください。 ご注意 ・3Dプリントの性質上、止めねじのM4タップは未加工で下穴のみの状態です。ご購入者様のほうでタップ加工をお願いいたします。当時のマイナス溝が切ってある止めねじを利用する場合は旧JIS規格のM4×ピッチ0.75、現在ホームセンターなどで入手しやすい現行JIS規格の止めねじを利用する場合はM4×ピッチ0.7で加工してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・スイッチの金属軸が入る四角穴は、純正よりしっかり入るようにややきつく設定しています。スイッチの軸が腐食などで太っている場合は、適宜調整してください。また、加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル…最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります(サンプル写真2、3枚目)。純正のようななめらかな表面にする場合は、積層痕を削り、塗装、仕上げ磨きをすることでサンプル写真1枚目のような状態にすることが可能です。費用面とハコスカ乗りのDIYスキルを加味すればもっともおすすめできる材質です。 ・ナイロン各色(磨き)…磨きとはいえやはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ほかのスイッチノブとセットで交換すると統一感があり、ドレスアップ派の方におすすめです。質感のイメージはワイパースイッチノブの商品ページを参考にしてください。 ・その他の材質について…どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン用 フォグランプスイッチノブ・レプリカ

by ヨシローデザイン

現在メーカー製廃になっているハコスカのフォグランプスイッチのツマミ部分を採寸し、3Dプリント可能な形状にモデリングしなおしました。ノブが破損して金属部分がむきだしになってしまっているなど、補修にお困りの方ぜひご利用ください。 ご注意 ・3Dプリントの性質上、止めねじのM4タップは未加工で下穴のみの状態です。ご購入者様のほうでタップ加工をお願いいたします。当時のマイナス溝が切ってある止めねじを利用する場合は旧JIS規格のM4×ピッチ0.75、現在ホームセンターなどで入手しやすい現行JIS規格の止めねじを利用する場合はM4×ピッチ0.7で加工してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・スイッチの金属軸が入る四角穴は、純正よりしっかり入るようにややきつく設定しています。スイッチの軸が腐食などで太っている場合は、適宜調整してください。また、加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル…最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります。積層痕を削り、塗装、仕上げ磨きをすることで純正のような状態にすることが可能です。費用面とハコスカ乗りのDIYスキルを加味すればもっともおすすめできる材質です。 ・ナイロン各色(磨き)…磨きとはいえやはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ほかのスイッチノブとセットで交換すると統一感があり、ドレスアップ派の方におすすめです。質感のイメージは、ワイパースイッチノブの商品ページを参考にしてください。 (ワイパースイッチノブ商品ページ https://make.dmm.com/item/726030/) ・その他の材質について…どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

GC10 スカイライン用 リアデフォッガー(RD)スイッチノブ・レプリカ

by ヨシローデザイン

現在メーカー製廃になっているハコスカのリアデフォッガー(RD)スイッチのツマミ部分を採寸し、3Dプリント可能な形状にモデリングしなおしました。ノブが破損して金属部分がむきだしになってしまっているなど、補修にお困りの方ぜひご利用ください。 ご注意 ・3Dプリントの性質上、止めねじのM4タップは未加工で下穴のみの状態です。ご購入者様のほうでタップ加工をお願いいたします。当時のマイナス溝が切ってある止めねじを利用する場合は旧JIS規格のM4×ピッチ0.75、現在ホームセンターなどで入手しやすい現行JIS規格の止めねじを利用する場合はM4×ピッチ0.7で加工してください。 ・3Dプリントの性質上、積層痕(加工時にできる表面の僅かな凹凸)の方向など表面の仕上がりが異なる場合があります。 ・スイッチの金属軸が入る四角穴は、純正よりしっかり入るようにややきつく設定しています。スイッチの軸が腐食などで太っている場合は、適宜調整してください。また、加工時に発生する粉塵が穴に詰まっていることがありますので取付前によく清掃してください。 ・塗装や仕上げ、取付、調整などについてはノーサポートとさせていただきます。 出力材質について ・ナイロンナチュラル…最も低価格ですが、乳白色の樹脂そのままの色で積層痕があります(サンプル写真2、3枚目)。純正のようななめらかな表面にする場合は、積層痕を削り、塗装、仕上げ磨きをすることでサンプル写真1枚目のような状態にすることが可能です。費用面とハコスカ乗りのDIYスキルを加味すればもっともおすすめできる材質です。 ・ナイロン各色(磨き)…磨きとはいえやはり積層痕があり、つや消しのマットな質感です。染色による着色のため削ると素地(乳白色)が透けてきますのでご注意ください。純正にはない独特の風合いとカラーバリエーションですので、ほかのスイッチノブとセットで交換すると統一感があり、ドレスアップ派の方におすすめです。質感のイメージはワイパースイッチノブの商品ページを参考にしてください。 ・その他の材質について…どの材質もどのような仕上がりになるのか私にはまったく分からないため、あまりおすすめしません。ただし、人とは違う材質で作ってみたいんだ!という方がいましたらぜひチャレンジしてみてください。

  • < Prev
  • 1
  • Next >

form2法人レンタル