SUBLIME Design Japan
SUBLIME Design Japan

SUBLIME Design Japan

Created by SUBLIME Design Japan

カーメーカーで20年以上のキャリアを持つプロダクトデザイナーがハイクオリティーな製品を開発しています。製品は全日本ジムカーナ選手権や地方選手権などのモータースポーツの実戦の場でテストし、フィードバックを行っています。

7点中

1-7点表示

表示数:

スマホホルダーベース マツダNDロードスター専用(含むRF)

by SUBLIME Design Japan

マツダロードスター(ND5RC)およびロードスターRF(NDERC)専用設計の市販スマホホルダーの貼り付けベースユニットです。 本製品を使用する事で、36mm x 36mmの平面が確保出来ますので、確実にかつスッキリと両面テープでホルダーを固定する事が可能になります。 また、ベント開口の端に取り付けする事でエアコンベントフィンと干渉しないように設計されております。 取り付け位置はトップ写真のようにハザードスイッチの横、もしくはセンターベントの助手席側に取り付け可能です。 センターベントの枠に引っ掛ける事で、確実なホールドを実現しながら、ベントフィンの可動には影響が無いように設計されています。 なお、スマホを縦置きでのご使用が多い場合はシフト操作への干渉を防ぐため、センターベント助手席側への取り付けをお勧めします。 確実な固定のため、両面テープをご使用下さい。 1.2㎜の車内アクセサリー固定用の製品がおすすめです。5㎜幅にカットし、必要に応じて製品上下2か所にある溝に張り付けて下さい。 ただし、レザー巻きダッシュパネルへの両面テープ貼り付けは避けて下さい。破損・色移り等のトラブルが発生する可能性があります。 おススメ製品:エーモン工業株式会社 超強力両面テープ かたいダッシュボード用 No.3903 注1:本品はベース部品のみであり、スマートフォン・スマートフォンホルダー・両面テープは含まれません。 注2:特に取外しの際に周辺部品にキズを付けないよう、ご注意下さい。脱着の際のキズ付きに関しましては当方は責任を負いかねます。 注3:アバルト124スパイダーは吹き出し口の形状が異なるため、取り付け不可となります。

クラッチペダルリフター 15mmアップ マツダNDロードスター/アバルト124スパイダー

by SUBLIME Design Japan

マツダNDロードスター(含RF)およびアバルト124スパイダー専用のクラッチペダルリフターです。 ノーマルのゴムペダルに加え、アルミペダルカバー装着車にも取り付け可能です。 本品をクラッチレバーとペダルカバーの間にインサートする事で、純正よりもペダルが15mmドライバー寄りに移動します。 スポーツ走行のスタートダッシュやジムカーナのサイドターンなど、繊細なクラッチ操作が必要なシチュエーションでの操作が容易になります。 またドラポジが改善される事で、ストリートでも疲労度合が大幅に軽減されます。 装着方法は純正のペダルカバーを外し、本品をクラッチレバーに横方向から差し込み、裏面からタッピングで止めるだけ。 (車体に取り付ける前に本品にペダルカバーを取り付けておくのがおススメです。) 素材はMJF方式のPA12GBを使用する事で、高い強度を確保しています。 また、非常に軽量に出来ておりますので、クラッチフィーリングへの悪影響もありません。

リフトアップ・フットレスト マツダロードスター / RF / アバルト124スパイダー

by SUBLIME Design Japan

マツダロードスター ND5RC / NDERC / アバルト124スパイダー NF2EKに適合するフットレストのリフターです。 ノーマルフットレストに取り付けることで、40mmリフトアップします。 効果1:クラッチペダルとの段差を減らし、スムーズにクラッチペダルへの足の移動が行えます。 効果2:ND系特有の、触媒をかわすためのフロアーの出っ張りにふくらはぎが当たる不快な症状が緩和します。 効果3:高Gの掛かるコーナリング中に左足での踏ん張りが効くようになりますので、ドライバーの姿勢が安定します。 効果4:我々のリリースしているクラッチペダルリフターをご使用の場合の、フットレストとペダルの段差を解消します。 装着方法は純正のフットレストにタッピングビスで取り付けるだけです。 ND系のフットレストは裏側に発泡剤の塊が入っていますので、そこに届くようにねじ込んでください。 (取り付けのためにM5の20ミリ~30ミリのトラスタッピングビスをご用意ください。) 素材は高強度ナイロンを使用しております。 ナイロン特有の粘りと硬さで、踏み込み方向に対し抜群の強度を誇ります。 また、非常に軽量に出来ている事も特徴です。 <注意事項> *取り付けに際しての位置決めは慎重に行ってください。特に、クラッチペダルへの踏みかえの際に引っ掛かりの無いよう、ご注意ください。  両面テープで仮止めし、ペダル操作を試しながら位置を決めマーキングしたのちに、タッピングでの本締めを行うことをお勧めします。 *タッピングの締め過ぎにご注意ください。締め過ぎでネジ山が壊れ、十分な取り付け強度が確保出来なくなってしまい、大変危険です。 *本品を装着しての事故等に対しての責任は当方では負いかねます。確実な取り付けと、丁寧な取り扱いをお願いいたします。

NDロードスター Drogger社製 DG-PR01専用ホルダー(AM/FMラジオ搭載車)

by SUBLIME Design Japan

NDロードスター(AM/FMラジオ搭載車)用、DG-PR01専用ホルダーです。 データロガー用のGPSとしてDG-PR01を活用する際の、感度の一定化と脱着の容易さを実現します。 DG-PR01は非常に優れたGPSですが、車載機器としての耐久性には若干の不安がありますので、使用しない時は外しておくのが賢明です。 本品により簡単に脱着が可能で、炎天下や極寒の車内にGPSを放置することなく保管出来ます。 また、ガムテープ止めによるダッシュボードへの糊残りなどもなく、スッキリと搭載可能です。 取付け時の視界への影響もないように設計されていますので、安心してドライビングに集中出来ます。 また、高Gの切り返しのあるジムカーナ走行テストで、しっかりと保持することを確認しています。 貼り付けはエーモンの超強力両面テープ、硬いダッシュボード用 (ITEM No. 3903)がおススメです。 製品裏面に両面テープ貼り付けのガイドエンボスが入っていますので、参考になさってください。 SUBLIME Design Japanのスマホホルダーベース for ND5RC/NDERCを併用する事で、最高のデータロガー環境が完成します。 なお、7インチディスプレイ搭載車も、貼り付け位置を移動することで取り付けは可能です。 この際には車両センターからは若干ズレる事になりますが、ご理解の上ご使用ください。

GoPro車載ブラケット マツダNDロードスター / アバルト124スパイダー専用

by SUBLIME Design Japan

マツダロードスター(ND5RC)およびアバルト124スパイダーに適合する、美しくハイクオリティーなデザインのGoPro車載用ブラケットです。 GoPro標準品のマウント用バックルに対応し、ワンタッチでカメラの取り付け・取り外しが出来る他、様々なオプションマウントを活用し、多彩なアングルに対応します。 さらに、取り付けた状態で幌オープナーレバーの動きを阻害しません。 素材はナイロン製で、強度と軽さ、耐久性を兼ね備えています。 取り付けにはM3x10mm~15mmのネジを使用し、純正のエアロボードに固定します。 また、ブラケット下面に5mmのスポンジシートもしくはエラストマーシート等を別途ご用意いただき、貼り付けてください。ホームセンター等でご購入可能です。

リア用ドラレコカメラマウント マツダNDロードスター / アバルト124スパイダー専用

by SUBLIME Design Japan

マツダロードスター(ND5RC)およびアバルト124スパイダーに適合する、リア用ドライブレコーダーのカメラマウントです。 幌のクルマはリアカメラの設置場所が悩みですが、このマウントが解消してくれます。 車種専用設計ですので、取り付けはボルトオンでOK。 M3 x 10mm~15mmのボルト&ナット(別途ご用意下さい)を使用し、純正のエアロボードに固定します。 もちろん、幌の開閉時のカメラの接触が無いよう設計されています。 また、左右勝手違いとなっていますので、お好みで車両右側・左側の取り付けが選択可能です。 カメラ取付平面の寸法は60mm x 30mmを確保していますので、ほとんどのリアカメラが両面テープで取り付け可能です。 *写真のドライブレコーダー本体は商品に含まれておりません。 *フロント用のドラレコを使用する場合は、取り付け面積が不足する場合があります。 *極端に高さのあるカメラでは幌の開閉時に接触の恐れがあります。ご注意下さい。 *本製品に起因する撮影不良などにつきましては、責任を負いかねます。ご容赦下さい。

タミヤ 1/24 ND5RCロードスター対応 RAYSタイプホイールセット(中・上級者向け)

by SUBLIME Design Japan

タミヤ製 1/24 NDロードスターに対応した、RAYSタイプのホイールセットです。 ZE40タイプ、CE28タイプ、TE37タイプの3種類がそれぞれ1台分セットになったお得な商品です。 キット標準品に対し約1ミリマイナスオフセットになっており、フェンダーとツライチになります。 なお、タイヤはキット標準のゴムタイヤをご使用ください。 RAYSのブロンズを再現する場合の塗装には、ニッペホームプロダクツ株式会社のアルミカラースプレー、ブラウンメタリックがおススメです。 出力の特性上、サーフェーサー処理や微細な磨き加工などの表面処理に技術が必要となります。 中・上級者向けのプロダクトとしてご理解いただき、ご購入をお願いいたします。 磨き加工を楽にしたい、高精度のモデルが欲しいという方は、アクリル Ultra Modeを選択ください。 参考画像はクリアーアクリルでの出力品を加工したものです。 <注意点> ・アクリルは曲げに弱く、ホイールの脱着の際にセンターの取り付け芯が折れやすくなります。  対策として、取り付け芯の直径をわずかに細く、短くして脱着の際の負荷を下げております。  そのため、多少取り付けが緩くなりますこと、ご理解ください。 ・ナイロンで出力された場合は、アクリルに比べると表面が荒く、仕上げにより手間が掛かります。

  • < Prev
  • 1
  • Next >

3Dプリンター法人レンタル