酸素鼻孔カニューラ用クリップ(耳もどき)

by sanli

[サイズ] X:165.273mm × Y:160.061mm × Z:18mm

造形販売

6,002円~

数量:

価格:

6,002

クレジットカード決済なら60pt獲得

バスケットに入れる

データダウンロードFREE

データ名:

CannulaClip18h.stl

お気に入りに追加

0

酸素鼻孔カニューラ用クリップ(耳もどき)

前へ 次へ

酸素鼻孔カニューラ用クリップ(耳もどき)
CannulaClip18h.stl

酸素鼻孔カニューラを使用していると、耳の後ろが痛みます
フェイスシールドのフレームを改造して、耳の代用品を作りました。『耳もどき』?
プラスチック(ナイロン)の弾力で頭にフィットします。
前フレームをひたいに当てる感じで使います。
頭に装着すると、後ろ側のスキマが14mm→100mmまで広がります。
着脱する時には150mm以上まで広げるので柔軟性の高い素材限定です。
左右からのはさみつけと、前後からの押さえで安定します。(サンバイザー方式)
酸素チューブをセット→メガネのように装着→長さを調整します。
最初は鏡を見ながら練習してください。
テープやカットバンを貼り付ければチューブの長さを固定できます。
酸素チューブを固定すればメガネのように装着できます。(練習が必要)
耳の後ろに手を回す必要がないので高齢者向きです。
(摩擦力でチューブを止めるので、スライドリングはフリーにして使います。)
造形サイズ(着脱用ハンドルを含む外寸)は、166x161x18mm(大人用Mサイズ)

フレームの断面(設計寸法)は高さ6mm、幅4mmです。
カニューラチューブの直径3.4mmを想定して、直径4.4mmのミゾを入れました。
チューブを押し込むだけでセットできます。→反対側を引いて長さ調整。
蒸れ対策を兼ねてメガネフレーム用の逃げを確保しました。
(フレームを長くしたのでメガネフレームの上に乗ります。)
コストを度外視して?、後頭部への回り込み、着脱用ハンドルを大きくしました。

お薦め素材は、軽くて柔軟性があり、アルコール殺菌できるナイロンです。
→DMM素材では、ナイロン一択です。
*FDM用のフィラメントでは、弾力性があるABS(インフィル60%以上)がお薦めです。
*インフィル(内部充填)30%で造形した物がポキポキ折れています。
ハードな現場での使用に耐えるにはインフィルを60~90%を推奨します。
*90%も許容範囲でした。しっかりしたホールド感が欲しい人にお勧めします。
インフィル30%でも折れない設計?検討しています。
→フェイスシールドのフレームも同様?

カニューラクリップ(耳もどき) 特徴と、作図手順(2)クリップ(FUSION360)

カニューラクリップ(耳もどき) 特徴と、作図手順(1)フレーム(FUSION360) これを参考にしてLサイズを作ってください。

(ABS)インフィル100%で強度アップ! インフィル30%で作った試作品が折れてしまいました。 インフィル100%(ソリッド)で出力したら、強度が格段にアップしました。 造形温度も高い方が(くっつきが良くなり)強度が出やすいです。

3Dプリンター法人レンタル